印象派絵画の技法

ルノワールを始めとする印象派の技法について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールと印象派 > 印象派絵画の技法

印象派絵画の技法

印象派絵画の大きな特徴は、光の動き、変化の質感をいかに絵画で表現するかに重きを置いていることです。
時にはある瞬間の変化を強調して表現することもありました。

ルノワール「アニエールのセーヌ河」それまでの絵画と比べて絵全体が明るく色彩に富んでいることや、当時主流だった写実主義などの細かいタッチと異なり、荒々しい筆致が多く、絵画中に明確な線が見られないことも大きな特徴です。

また、それまでの画家たちが主にアトリエの中で絵を描いていたのとは対照的に、好んで屋外に出かけて絵を描いていました。

印象派とは、色の革命であったとも言われ、19世紀中ごろに製造されはじめたチューブ入りの絵の具は、画家をアトリエから解き放ったのである。

さて、主に官展で落選した『印象派』の作品は人々に衝撃を与えました。
彼らはそれ以前の絵画の基本であった輪郭線、そして固有色の概念をも否定しうつろう光を絵画に固定しました。

モネの 『睡蓮』や『ルーアンの聖堂』など、連作作品を可能にしたのも、一瞬で色の調合を可能にするチューブ絵の具の存在があったからであると言っても過言ではありません。

また、彼らは遠近法絵画が至った数学的な調和を否定し、事物から受け取るあいまいなイメージをそのまま描きました。
特に前期における絵画における印象派の傾向は曖昧な輪郭線と明るい色にあるのだが、その技術的な背景はまさに点描技術にあるといってもよい。

点描といっても完全に点である必要はなく、その作品を見ていると画家がおのおの工夫したあとが見られます。
点描技術とは、印象派が絵の具を混ぜることにより彩度が低下することを気にかけたことから使い始めた技術で、彼らはパレット上で目的の色そのものを作ることをやめ、キャンバスに目的の色を描き始めました。

彼らは絵画を遠くから見たときに、その微小な部分が重なってみえてしまうことに気がついたのです。

印象派絵画の技法への感想・追加情報

みさせていただきました^^ルノワールの絵は凄く好きで綺麗ですよね。またサイト覗かせてもらいます

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved