ルノワールの生涯

画家オーギュスト ルノワールの生涯について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールと印象派 > ルノワールの生涯

ルノワールの生涯

ルノワールの本名はピエール・オーギュスト・ルノワールといい、19世紀のフランス印象派の代表画家の一人でありその作品は日本でも広く知られている。

ルノワールは1841年にフランス中南部のリモージュにて生まれ、3歳からは家族全員でパリに移り住みました。
このころのルノワールは家族が仲良く、みんなが働き者で幸せな少年時代を過ごします。

13歳になると、ルノワールは陶磁器の絵付け職人として働き始めます。
しかし、産業革命・機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、機械で食器にプリントする技術が導入されることでルノワールは職を失ってしまいます。

その後、職人としての仕事を失うこととなったルノワールは画家を目指しました。
1862年にはエコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。のちグレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、シスレー、バジールらと知り合うことになります。

ルノワールは、落ち着いていて控えめな性格もあり、たくさんの人に親しまれている画家でした。
彼らとはよく森で写生をおこない、現在でも初期の印象派の絵画として残っています。

ルノワールをふくめ印象派の画家たちの絵画は、はじめは世間になかなか認められませんでした。
そんな中でもルノワールは絵を描き続け、少しずつファンを増やしていったのです。

40歳をこえてから、結婚したルノワールは家族とともに幸せな生活を送りながらもずっと絵を描き続けました。

晩年、リューマチ性疾患に悩まされ車椅子で生活するようになってからも絵を描き続けていたそうです。
1919年のなくなったその日も、ルノワールはアネモネの絵を描いていたといわれています。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved