内緒話 1875年

ルノワール(ルノアール)の絵画「内緒話」について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 内緒話 1875年

内緒話 1875年

ルノワール・内緒話

印象派の技法を屋外の人物画の中に見出そうようとしたルノアールは、モデルを木陰の土手の端に配置することによって、降り注ぐ陽光が木々の葉にさえぎられた木漏れ陽がモデルの衣服に作る光と陰を強調しています。

光による色の変化を捉えようとする試みは一見するとまだら模様を作り出して非難されたこともあったそうです。

一枚の新聞を一緒に読む若い男女の親密な情景は、18世紀にヴァトーによってフランス絵画に取り入れられた詩的恋愛画の近代的表現です。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved