花籠を持った少女 1888年

ルノワールの絵画「花籠を持った少女」についての解説
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 花籠を持った少女 1888年

花籠を持った少女 1888年

ルノアール・花籠を持った少女

1880年代のルノアールは、印象主義の技法を保持しながらも伝統的な古典主義絵画の技術を取り入れています。

「花籠を持った少女」には印象主義的な筆触も残っているようですが、当時サロン展などで流行していた肖像画の流儀も見ることができます。

油彩によるエスキース(習作)が2点残っていて、その内の1点を1987年11月のクリスティーズ社のニューヨークでのオークション(競売会)で日本の蒐集家が7億円で落札しました。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved