白いエプロンの少女 1884年

ルノワールの絵画「白いエプロンの少女」についての解説です。
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 白いエプロンの少女 1884年

白いエプロンの少女 1884年

ルノアール・白いエプロンの少女

モデルの少女は、ルノアールの作品を早い時期から熱心に収集したポール・ベラールの娘です。

彼は最初大使館付きの書記官でしたが、その後銀行家になります。

ルノワールとは1879年頃友人の紹介で知り合い、夫婦ともに彼の作品の魅力に取りつかれました。

1884年にはノルマンディーのディエップ近くのワルジュモンにある彼の別荘で、3人の娘たちを描いた作品を残しています。
その中にも登場するこの少女は3女のリュシーで、当時4歳でした。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved