じょうろを持つ少女 1876年

ルノワールの絵画「じょうろを持つ少女」についての解説
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > じょうろを持つ少女 1876年

じょうろを持つ少女 1876年

ルノアール・じょうろを持つ少女

1870年台の半ば以降、ジャルジュシャルパンティエがルノワールの作品に興味を持ったおかげで、ルノワールは次第に裕福な顧客を得ました。

彼らは自分たちや家族の肖像をルノワールに注文し、この「じょうろをもつ少女」もそういったつながりから生まれたものです。

ルノワールが、自分がより気楽に感じられる世界を描くときの自然さや快活さを捨てて、この少女の持つ繊細さや彼女の気取った魅力を記録しているように思われます。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved