麦わら帽子を被った若い娘 1888年

ルノワールの絵画「麦わら帽子を被った若い娘」の解説と紹介
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 麦わら帽子を被った若い娘 1888年

麦わら帽子を被った若い娘 1888年

ルノアール・麦わら帽子を被った若い娘

一時のアングル風の時代から晩年のルノア−ル独自の豊かな色彩の世界への展開を見せ始めた頃の作品です。

豊麗で健康な女性美と官能的な生命感が強く出て来るのは、神経痛の発作という画家自身の肉体的な衰えの逆作用かもしれません。
また家族の生活に強い関心を示し家族をテ−マにした絵を多く描く様になります。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved