読書をする二人の少女 1891年

ルノワール(ルノアール)の絵画「読書をする二人の少女」について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 読書をする二人の少女 1891年

読書をする二人の少女 1891年

ルノアール・読書をする二人の少女

1886年頃からルノアールはドガ、モネ、詩人のマラルメらと女流画家モリゾの家に出入りし、夏にはモリゾのメツィーの家に滞在して制作活動をしています。

ルノアールと同年のモリゾはパリでマネに執事した女流画家で、都会的で軽やかな情感と明るい色彩の絵を描きました。

彼女はマネの弟ウジェーヌと結婚し一人娘がありました。
この絵の左の少女はその娘ジュリー、右の少女は従妹のポールといわれており、モリゾ家に滞在中に制作された作品であると思われます。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved