モデルの肖像 1880年

ルノワール(ルノアール)の絵画「ばら色と青」について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > モデルの肖像 1880年

モデルの肖像 1880年

ルノアール・モデルの肖像

1875〜80年くらいのルノアール作品にしばしば表れる女性は、お気に入りのモデルだったニニ・ロペスや恋人でもある女優ジャンヌ・サマリー、モンマルトルの少女マルゴ達です。

ルノワールは、特にニニ・ロペスの横顔の素晴らしさに魅せられていたようです。

80年頃から愛好者が増え始め、肖像画の依頼がくるようになりました。
また税官吏ショッケ、出版業者シャルパンティエ、著名な作家ドーデらと知り合うことで、彼らの家に滞在して制作したり家族たちの肖像画を描いたりもしました。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved