青い帽子の少女 1881年

ルノワール(ルノアール)の絵画「青い帽子の少女」について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 青い帽子の少女 1881年

青い帽子の少女 1881年

ルノワール『青い帽子の少女』立体複製画

ルノワールは、1881年の夏、ノルマンディ海岸のディエップ近くにある友人の外交官ベラールの別荘に行きます。
この時にはブランシュ博士の家にも滞在し、息子のジャック=エミールに絵を教えました。

この時隣の別荘に来ていたパリの弁護士の娘ジャンヌ・アンリオがこの絵のモデルです。

ルノアールは印象派の画家の中でも特に子供の絵を多く描いた画家です。
子供の純粋な愛らしさ、すべての可能性を秘めた天真爛漫さを表現することを得意としました。

「青い帽子の少女」は、それらの中でも傑作の一つです。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved