春の花 1866年

ルノワールの絵画「春の花」について。
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > 春の花 1866年

春の花 1866年

春の花 ルノワール

1864年から亡くなるまでルノワールは数々の花の絵を描いている。

ルノワールは、それらの絵ではモデルの存在による緊張感を感じることなく様々な問題を解決できるように感じていた。

ルノアールはこの作品で自分をクールベの支配から解放しはじめており、数点の花の絵でパレットナイフを試したあとでたっぷり絵の具をつけた筆の使用に戻っている。

大量の花々と満開のバラやアイリスがもたらす豊かな感覚はオランダの巨匠達を作品を連想させると共に、描くことに対するルノワールの純粋な喜びが感じられる。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved