ピアノに寄る娘達 1892年

ルノワールの絵画「ピアノに寄る娘達」について
ピエール・オーギュスト・ルノワールの世界
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画 > ピアノに寄る娘達 1892年

ピアノに寄る娘達 1892年

ルノアール・ピアノに寄る娘達

この時期のルノワールの多くの絵画は、二人の少女がピアノを弾いたり本を眺めたりと一つのことに熱中している場面が多く見られる。

少女達は周囲の視線をまったく気にせず自分たちの行為に没頭しており、優しさと慈愛のまなざしで見つめられていることが感じられる。

この頃になると、厳格な線を主体としたルノワールの手法は既に姿を消しておりフォルムが互いに溶け合った感じとなっています。

コメントを投稿

このページに関する感想・追加情報等をコメントとして追記することが可能です
なお、いままでここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理人の承認が必要です。承認されるまではコメントは表示されないのでしばらくお待ちくださいな。










since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved