ルノワールの絵画

画家 ルノワールの絵画を紹介しています
画家ルノアールの絵画
ルノワールの世界TOP | ルノワールの生涯 | ルノワールと印象派 | ルノワールの絵画 | プリハード世界の名画とは?

ルノワールの世界 > ルノワールの絵画

ルノワールの絵画のコンテンツ一覧

春の花 1866年

春の花 ルノワール

1864年から亡くなるまでルノワールは数々の花の絵を描いている。

» 「春の花 1866年」の続きを読む

ピアノを弾く婦人 1875年

ルノアール・ピアノを弾く若い女

ピアノを弾く女性の姿はルノア−ルのお気に入りでした。

» 「ピアノを弾く婦人 1875年」の続きを読む

内緒話 1875年

ルノワール・内緒話

印象派の技法を屋外の人物画の中に見出そうようとしたルノアールは、モデルを木陰の土手の端に配置することによって、降り注ぐ陽光が木々の葉にさえぎられた木漏れ陽がモデルの衣服に作る光と陰を強調しています。

» 「内緒話 1875年」の続きを読む

じょうろを持つ少女 1876年

ルノアール・じょうろを持つ少女

1870年台の半ば以降、ジャルジュシャルパンティエがルノワールの作品に興味を持ったおかげで、ルノワールは次第に裕福な顧客を得ました。

» 「じょうろを持つ少女 1876年」の続きを読む

イレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢 1880年

ルノワール作「イレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢」

ルノワールが描いた少女像の中でも、はにかんだような優しい表情、豊かな髪が印象的なこの可憐なこの作品のモデルのは少女、ルノワール芸術の良き理解者であったユダヤ家系の銀行家ルイ・カーン・ダンベールの娘です。

» 「イレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢 1880年」の続きを読む

モデルの肖像 1880年

ルノアール・モデルの肖像

1875〜80年くらいのルノアール作品にしばしば表れる女性は、お気に入りのモデルだったニニ・ロペスや恋人でもある女優ジャンヌ・サマリー、モンマルトルの少女マルゴ達です。

» 「モデルの肖像 1880年」の続きを読む

ばら色と青 1881年

ルノアール・ばら色と青

1881年のルノワールは春のアルジェリア旅行、夏のベラールの別荘滞在、秋のイタリア旅行と方々に出かけ落ち着きません。

» 「ばら色と青 1881年」の続きを読む

青い帽子の少女 1881年

ルノワール『青い帽子の少女』立体複製画

ルノワールは、1881年の夏、ノルマンディ海岸のディエップ近くにある友人の外交官ベラールの別荘に行きます。
この時にはブランシュ博士の家にも滞在し、息子のジャック=エミールに絵を教えました。

» 「青い帽子の少女 1881年」の続きを読む

白いエプロンの少女 1884年

ルノアール・白いエプロンの少女

モデルの少女は、ルノアールの作品を早い時期から熱心に収集したポール・ベラールの娘です。

» 「白いエプロンの少女 1884年」の続きを読む

麦わら帽子を被った若い娘 1888年

ルノアール・麦わら帽子を被った若い娘

一時のアングル風の時代から晩年のルノア−ル独自の豊かな色彩の世界への展開を見せ始めた頃の作品です。

» 「麦わら帽子を被った若い娘 1888年」の続きを読む

花籠を持った少女 1888年

ルノアール・花籠を持った少女

1880年代のルノアールは、印象主義の技法を保持しながらも伝統的な古典主義絵画の技術を取り入れています。

» 「花籠を持った少女 1888年」の続きを読む

読書をする二人の少女 1891年

ルノアール・読書をする二人の少女

1886年頃からルノアールはドガ、モネ、詩人のマラルメらと女流画家モリゾの家に出入りし、夏にはモリゾのメツィーの家に滞在して制作活動をしています。

» 「読書をする二人の少女 1891年」の続きを読む

ピアノに寄る娘達 1892年

ルノアール・ピアノに寄る娘達

この時期のルノワールの多くの絵画は、二人の少女がピアノを弾いたり本を眺めたりと一つのことに熱中している場面が多く見られる。

» 「ピアノに寄る娘達 1892年」の続きを読む


since 2006/08/18 Copyright (C) ina. All Rights Reserved